無痛分娩 Q&A

Q13. 自己調節硬膜外鎮痛とはなんですか?

自己調節硬膜外鎮痛は英語でPatient Controlled Epidural Analgesiaと呼ばれ、一般にPCEAと略されます。 硬膜外無痛分娩開始後に痛みを感じたときに、妊婦さん自身が硬膜外腔への痛み止めを追加投与できる鎮痛法です。 硬膜外腔に入っている管にはポンプが接続され、そのポンプを妊婦さん自身がボタン操作をして薬を注入できるようになっています。 妊婦さんがそのボタンを押せば硬膜外腔に追加の薬が注入されるというわけです。 しかし、投与できる薬の量は自動的に制限されるしくみになっていますので、ボタンを押しすぎても使いすぎる心配はありません。

PCEAでは一定量の鎮痛薬を持続的に投与する方法と比べて、同じような鎮痛効果を得ながらも、痛みが増強したときに医療スタッフが鎮痛薬を追加投与する回数は少なく、 鎮痛薬の総使用量が少なく、足の力が保たれやすいともいわれています(※1)。 またお母さんや赤ちゃんへの副作用が増えることもありません(※1)。 お母さんの満足度が高くなるという報告もあります(※2)。 しかし一方で、医療スタッフが鎮痛薬のコントロールをした方がよい場合や、お母さん自身がそれを望む場合もありますので、心配な場合には医療スタッフと相談して決めるのがよいでしょう。

  • ※1. van der Vyver et al. Brit J Anaesh. 89:450-465,2002.
  • ※2. Saito et al. J Anesth. 19:208-212,2005.