分娩に関する資料やWEBサイトの紹介です。

日本産科麻酔学会(JSOAP)

分娩の麻酔に関するWEBサイトの紹介

『Obstetric Anaesthetists’ Association (OAA) 』
http://www.oaa-anaes.ac.uk/content.asp?ContentID=83
OAAはイギリスにおいて産科麻酔科医が集まって設立された学会です。この学会は、お産にかかわる麻酔をお母さんと赤ちゃんにとってより良いものにするために活動を続けています。そしてまた、無痛分娩などのお産にかかわる麻酔についての情報をお母さんに提供することも、とても大切な任務であると考えています。そこで世界中のお母さんたちへ情報を提供するため様々な言語で説明書を作成していますが、以下の2つは日本語版へのリンクです。

陣痛時の鎮痛について−第3版−

http://www.oaa-anaes.ac.uk/assets_managed/editor/File/Info%20for20Mothers/PR_leaflets/3ed_pr_japanese.pdf
硬膜外鎮痛法に加えて、薬を使わない鎮痛法についても丁寧に説明されています。

無痛分娩についての簡単な説明

http://www.oaa-anaes.ac.uk/assets/_managed/editor/File/Info%20for%20Mothers/EIC/2008jul_eic_japanese.pdf
硬膜外鎮痛法のやりかた、良い点と問題点についてごく簡単に書かれています。

またOAAのお母さんたちへの情報提供サイトの中には、硬膜外無痛分娩のときによく用いられる言葉を、日本語と英語の対応表にまとめたものもあります。海外で無痛分娩をするお母さんたちに役に立つかもしれません。
『Pain Relief Options During Childbirth 』
http://www.painfreebirthing.com/
日本語版へはhttp://www.painfreebirthing.com/indexjp.htmに行き,"Enter"をクリックしてください。
アメリカのボストンにあるブリガムアンドウィメンズ病院は、アメリカでも有数の分娩施設であり、また世界をリードする産科麻酔の医師たちが勤務する病院です。その病院で日頃から無痛分娩を手がけるKodali先生が、お母さんたちのために作成したのがこのサイトです。お産の痛みがどのようにして起こるのか、その痛みを取り除くにはどのような方法があるのか、硬膜外鎮痛に限らない鎮痛法についても詳しく記されています。