無痛分娩 Q&A

Q20. 海外ではどのくらいの女性が硬膜外無痛分娩を受けているのでしょうか?

日本の硬膜外無痛分娩率は徐々に増加しています。帝王切開を含むすべての分娩に占める割合は、2007年の全国調査では2.6%でしたが(※1)、2016年には6.1%に増加しており(※2)、年間約5万人以上の妊婦さんが硬膜外無痛分娩を行なっていると概算されています。

アメリカとフランスは硬膜外無痛分娩を受ける妊婦さんが多い国として知られています。アメリカ全体では硬膜外分娩率は73.1%でしたが、州によって36.6~80.1%と幅がありました(※3)。興味深いことに、アメリカのミシガン州における日本人の硬膜外無痛分娩率は63.2%と報告されています(※4)。フランスでは1981年にはわずか4%だった硬膜外無痛分娩率は2016年には82.2%まで上昇しました(※5)。また、硬膜外無痛分娩の有無に関わらず、フランスで出産した妊婦さんの35.5%は薬を使わない産痛緩和法も行っていました。他にも、カナダ(57.8%)、イギリス(60%)、スウェーデン(66.1%)、フィンランド(89%)、ベルギー(68%)など北米やヨーロッパでは一般的に硬膜外無痛分娩が行われています(※6-※8)。一方、イタリア(20%)やドイツ(20-30%)、ギリシャ(20%)は比較的硬膜外無痛分娩率が低く(※9-※11)、欧米でも国により状況が大きく異なることが伺えます。

アジアは全体的に硬膜外無痛分娩率が低い地域ですが、イスラエル(60%)、中国(10%)、シンガポール(50%)、韓国(40%)と、やはり欧米同様、国によって違います(※12-※16)。しかしながら、アジアでは同じ国内でも地域によって医療資源の格差が大きいため、これらの数値が本当に各国の状況を表しているとは限りません。

  • ※1. 照井克生.全国分娩取り扱い施設における麻酔科診療実態調査.厚生労働省科学研究補助金子ども家庭総合研究事業 2008.
  • ※2. 公益社団法人日本産婦人科医会 医療安全部会.分娩に関する調査 2017.
  • ※3. Butwick AJ, Bentley J, Wong CA, Snowden JM, Sun E, Guo N. United States state-level variation in the use of neuraxial analgesia during labor for pregnant women. JAMA Network Open 2018;1(8):e186567.
  • ※4. Yoshioka T, Yeo S, Fetters MD. Experiences with epidural anesthesia of Japanese women who had childbirth in the United States. J Anesth 2012;26:326-33.
  • ※5. Sante Publique France. Enquete nationale perinatale Synthese du rapport 2016.
  • ※6. Public Health Agency of Canada. Labour and birth in Canada 2018.
  • ※7. Monella LM. Women feel Italy's north-south divide with lack of access to epidurals. Euronews 2018.
  • ※8. Lavand'homme P, Roelants F. Patient-controlled intravenous analgesia as an alternative to epidural analgesia during labor: questioning the use of the short-acting opioid remifentanil. Survey in the French part of Belgium (Wallonia and Brussels). Acta Anaesthesiol Belg 2009;60(2):75-82.
  • ※9. Elissa Strauss. Italy is finally guaranteeing women access to epidurals during childbirth. SLATE 2016.
  • ※10. Hunsicker A, Schmidt J, Birkholz T. Anasthesie in der Geburtshilfe. Eien Kurzubersicht. Klinikarzt. 2012;41:184-90.
  • ※11. Staikou C, Makris A, Theodoraki K, et al. Current practice in obstetric anesthesia and analgesia in public hospitals of Greece: a 2016 national survey. Balkan Med J 2018;35:394-7.
  • ※12. Shatalin D, Weiniger CF, Bachman I, et al. A 10-year update: national survey questionnaire of obstetric anesthesia units in Israel. Int J Obstet Anesth 2019, in press.
  • ※13. Alice Yan. China to make epidurals more widely available. Inkstone 2018.
  • ※14. Visruthan NK, Agarwal P, Sriram B, et al. Neonatal outcome of the late preterm infant (34 to 36 weeks): the Singapore story. Ann Acad Med Singapore 2015;44:235-43.
  • ※15. Chan JJ, Gan YY, Dabas R, et al. Evaluation of association factors for labor episodic pain during epidural analgesia. J Pain Res 2019;12:679-87.
  • ※16. URL: https://namu.wiki/w/출산 最終アクセス2019年3月19日