Q11.硬膜外鎮痛の管が入ったあとはどうなるのですか?

硬膜外腔や脊髄くも膜下腔に入った局所麻酔薬は、子宮や腟、外陰部、会陰部の痛みの神経をブロック(遮断)すると同時に、足の感覚の神経や、足を動かす神経も鈍くします。 よって硬膜外無痛分娩中は、足がしびれる感じがしたり、足の力が弱くなったりします。 また排尿にかかわる神経も鈍くなります。尿をしたい感じがなくなり、また尿を出すことも難しくなります。 よって、施設によって方針は異なりますが、硬膜外無痛分娩が始まったら歩行せずベッド上で過ごすことにしている施設も多くあります。 トイレには行かず尿はベッド上で管を通して出すことが多いでしょう。詳しいことはそれぞれの施設のスタッフにお尋ねください。

陣痛が始まると胃腸の働きが弱くなります。 よって無痛分娩が始まったあとの飲食を制限するのが一般的ですが、その内容は施設によって異なります。 飲んだり食べたりを一切禁止する施設もありますし、お茶やお水を許可するところもあります。詳しいことは施設のスタッフにお尋ねください。