Q13.全身麻酔の副作用にはどんなものがありますか?
① 赤ちゃんが眠くなる:

お母さんに投与された全身麻酔の薬は、胎盤を通して赤ちゃんの脳にも達します。 麻酔担当医は、赤ちゃんへの影響を最小限にするために薬の種類や量などを工夫しますが、産まれたばかりの赤ちゃんが、少し眠そうであったり、呼吸が弱くなることがあります。 その場合には呼吸の補助を必要とします。しかし薬の影響がなくなれば、赤ちゃんはすぐに元気になります。

② 肺炎:

お母さんの意識があるときには、仮に嘔吐したとしても口から吐き出すことができますが、意識のないときには嘔吐したものが肺に入り込み、肺炎を起こすことがあります。 妊婦さんは嘔吐を防ぐ機能が弱くなっているため、胃の中の内容が戻りやすくなっています。 したがって、まれではありますが、妊婦さんでは妊娠していない患者さんと比べて、全身麻酔をしたときの嘔吐に伴う肺炎が多いといわれています。 そこで手術前のお母さんには飲食を控えてもらうという原則を守ってもらいます。麻酔担当医によって胃の内容物を少なくする働きのある薬を使うこともよくあります。